更年期の女性に増えつつある男性型脱毛症

更年期と女性の薄毛

最近では、多くの女性の方が薄毛や抜け毛の悩みを抱えていて、男性型脱毛症を引き起こしてしまうケースも多くなっています。
特に更年期を迎える女性にとっては、様々は変化があり、男性型脱毛症になってしまうこともあるのです。
なぜかというと、男性ホルモンが大きく影響していると言われている特徴は違ってきますが、女性でも引き起してしまう事があり、女性男性型脱毛症と呼ばれています。
この原因ですが、血液の中を流れている男性ホルモンが、毛根に入ってしまうと変化してしまい、毛母細胞の細胞分裂が活発に行われなくなってしまい発毛に影響を及ぼしていると言われています。
また、毛周期が乱れてしまうことにより、成長期が短くなって髪の毛が成長する前に抜けてしまうのです。
男性ホルモンがなぜ毛乳頭に入り込むかは、男性ホルモンを受け入れるレセプターを持っているかどうかで違ってきます。
女性なのになぜと考える人も多いと思いますが、女性の体の中でも男性ホルモンは存在しています。
男性ホルモンのテストステロンやジヒドロテストステロンが体内で合成された髪の毛に影響を与えるメカニズムは男性も女性も同じなのです。
髪の悩みはホルモンが大きく影響していると言われており、更年期になるとホルモンのバランスも乱れやすくなってしまいます。
実際に更年期になると体の様々な部分に影響を及ぼしてしまうのですが、原因としては、ストレスや生活習慣などが大きく影響してます。
自分なりに生活習慣を規則正しく過ごすようにして、大豆製品を日常の食事で多く摂取することを心掛けるようにしましょう。
憂鬱な気分になってしまうこともあり、特に薄毛などの悩みを抱えてしまうと更にホルモンバランスが乱れてしまう可能性がありますので、早めに対処するようにすることが大事です。
どうしても体の中の機能が乱れやすい時期でもありますので、悩みを抱えな為には悩みを解消できる方法を見つけることが重要になってきます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional